総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒の契約者と桃華月譚観た。

<<   作成日時 : 2007/04/11 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黒の契約者は監督が岡村天斎さんというコトで。だから主人公が仮面を付けているんですね!
何が何だか分からない人もコレを見たら納得するでしょう(以下微妙にネタバレ)


画像


似てるでしょ?

左が黒の契約者の主人公で右がメダロットの怪盗レトルト。

似てるで(略

あ、あと音楽が菅野ようこさんで「ホンモノなんだ!」とか思った。
何年経っても自身の作るものの色って変わるものじゃないんだね。


桃華月蝉は最後まで事態の把握しづらい第1話だった。

タイトルコールの後CM、でOP。
不思議不思議。

話の内容はといえば、作品全体の時系列においてこれがプロローグなのかエピローグなのか解らないモンでして。

とりあえず登場人物

・とうか(主人公。意味不明な状況にあっても母の電話はしっかりするマザコン。短髪の男だったハズなのに長髪。なんか着物着てるし。…女物?)
・ももか(ヒロイン。現実の世界にいるのかはっきりしない娘)
・ゆみこ(とうかの母。小説家らしい。低血圧っぽいアホのこ。でも一番の重要人物。裏に何かいるみたい。多重人格?)

・じーさん(老いて尚春を求める元気な人。大きな御家にいて、偉い人らしい。とうかとゆみこはここの家に囲われているみたい)
・じーさんの息子(ダンディなナイスミドル。ゆみこさんと昔なんかあったみたい彼女の別人格と対面したときに右目から血を流す)
・ぼっちゃん(じーさん一家の子なのかしらんが。秀才肌そう)

・ねね(じーさん一家のメイド。腹の中に何があるのか判らん人。指が蝋燭みたいになる)

で、話の流れ。

何処かの山里の竹林からとうかがフラフラと出てきて母に今日は帰ってくると電話したのに、彼女に見つからないように家に戻りももかの制服だかなんだかを抱きしめて消える。
お母さん駄々凹み→とうか関連の出来事だかで様子を見に来たじーさんの息子の右目に何かする(この二人は昔どこぞの山小屋で血みどろの騒動に関ったらしい)→息子療養
何かを知っているぼっちゃんが何かを尋ねようとするもはぐらかすねねさん→原因不明のままメイドのねねさんが心中を明かさないまま消える→おかあさんボロ泣き→去り際のねねさんに
よると、とうかの恋人のももかはお母さんが創りだした人物らしい
→これまでの流れを全く無視し夕焼けの駅のプラットホームでとうかとももかが出逢う→以下次回

…いや、ホントにそんな流れなんだって!ウソじゃないよ!!

あとは妙な訳ありキャラがぞろぞろと…。アホそうにみえてこの子らは何考えてるかわかったモンじゃないよ。


以上。


全体の印象としては夢見をそのまま表した感じの第一回。
夢って大体あれぐらい無茶な展開すると思う。

ゆみこさんが次回も出るならこの先もずっと追いかけますよ(そうでなくても頑張りますけど)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒の契約者と桃華月譚観た。 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる