総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS なのはStS 8話所感。

<<   作成日時 : 2007/05/24 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大波乱というか正否の問われる回との噂が高い今回のなのはさんでしたが、実際に観てみるとまぁしょうがない所は色々あった。(以下ネタバレ)

KBS京都受信しててよかった…。


さておき、今回のStS。一体何が問題になるのか。
…いやまぁ描写としては色々あるけど自分としては、ティアナが悪いに一票。

模擬戦のラストにおけるなのはさんの行動に関しては「やり過ぎだろう」って批判はあったとしても営巣入りになるような行為では無いと思います。

取り敢えず模擬戦の内容を振り返ってみる。
 模擬戦の目的は両分隊の各隊員に振り分けられたメニューの復習、実戦への応用。
 今回の模擬戦では、独自の戦略を立ててティアナ・スバルがなのはさんに対抗したワケです。当然互いに求められていた結果が得られるハズもなく、結果としてなのはさんはスバルを拘束、今回の暴走の主犯であるティアナに罰を与えた…と。
 罰の内容はクロスファイヤーシュートの二発斉射。着弾した場所は不明っちゃ不明。しかしそのせいでティアナの容態は不明でヒキ。
 
一体何が悪かったのか。

まず前回の件に対してティアナが相応の処罰を受けなかったという所から部隊行動における義務を考えてみます。
 今回の話では、冒頭のサシでの話し合いで、『次は無茶するなよ』となのはさんはティアナに語っています。これは前回述べた「上官からの命令」に相当すると考えてよいと思います。慎めといわれている以上ティアナはその中で行動しなければならないのです。
 模擬戦ではそれを無視して行動し、自分の身はおろか他の隊員たちを危険に晒した訳です。

で、次はティアナの模擬戦までの行動における問題点。

上官による休息の指示を無視しての体力の酷使。心身ともに習熟してない状態での戦闘技術の使用。
 つまりはオーバースキルとオーバーワーク。
部隊での活動形態など…非常に問題のある分隊なのですが、そうであるからこそ個人の能力が大事になるのかもしれません。しかし、ティアナさんに必要なのは戦闘力ではないような気がします。
 自分は適切な判断・指示能力がティアナさんには欠けていると思います。やはり、戦術の先の先が読めていない・急転した状況において的確な指示が出来ないなどというのは後々問題になってくると思います。

 今までのように新兵四人で放置されるような事があった時は、特に。

 今回の模擬戦でも自分の力量を過信しすぎたのが良い例なのではないでしょうか。彼女に求められている能力は破壊力ではないと思います。
 いくらお兄さんを超えるような魔導師になると決めても、兄は兄で妹は妹です。やり方は幾らだってあるのです。何も兄と同じやり方を目指さなくても良い。 
 実際今回はそのやり方を突き詰めようとして失敗した訳です。固執すれば今度こそ命は無いように思います。それしかないのだとしても早々に力をつけるなんて事は短慮に過ぎます。


上官に対する認識不足
 僕らはなのはさんの強さと恐ろしさを知っています。どんな状況においても決して負けなかったあの小学三年生の姿を覚えています。その上、この10年ほどで更に戦闘経験、戦闘能力は増強されている筈です。
 断言しましょう。
 そんな彼女が新人の浅はかな戦術にかかるハズが無いのです。
 ティアナは本当に浅慮でした。なのはさんを仕留めようとするなら一朝一夕(どれだけ時間をかけたといっても一生ものにはまだなっていない)で習得した技を使うべきではないのです。
 今までに積み重ねてきたものと、同様にこれまで信頼してきたパートナーを最大限に活用すべきだったのです。スバルに新しい技量を求めたのも悪かったと思いますね。ただでさえ失敗が多いんですから。
 一朝一夕の練習不足と疲労困憊。敗因には十分すぎるでしょう。しかも相手がちょいと本気になったのですから当然です。


◆模擬戦の目的であった、訓練内容の実戦への応用が行われなかった。
 多分一番なのはさんが頭に来たのはココじゃないか…?
 訓練幕僚(なのはさん?各隊員の訓練メニューを考える人)は当然隊員に与えた訓練内容に明確な指標を持たせています。なのはさんも然るべくして訓練幕僚についているのですから、彼女の見立てというのは正確であると仮定しても問題は無い筈です。
実戦がどうあれ。
 なのはさんの訓練による成果は、一朝一夕で得られるものでしょう。しかし、なのはさんも其処を乗り越えてA'sの事件を乗り越えたりしているワケです。(無印は簡単に伸ばせる所を伸ばした感が)
 そういう先達の思いやりや経験なんかを蔑ろにして模擬戦を行ったのは非常に不躾な行為だと思います。
 新しい技を試すにしても、やはりしっかりとなのはさんに申請した上で見てもらうとか喰らわせてあげないとさぁ…。模擬戦の意味とか、理解してないってみなされるよ?
 いやまぁ、理解してないと判断されたからこそブチかまされたワケですが。


この三つを考えれば、なのはさんがティアナに処罰を与えるのも当然だと思います。

◆では、今回のなのはさんの処断は正しいのか?
 まず部隊構成のあたりから考えてみましょうか。
分隊内において、ティアナがなのはの指揮下に入っている以上、彼女に処断を与えるのは上官…部隊長であるはやてか分隊長であるなのはさんです。
 この度の騒動を訓練中における部下の教育と捉えるならば、なのはさんが処罰を行っても問題は無いと思います。作戦任務中の場合ははやてが罰を与える筈です。

 状況的にはどうなのか。
 指示した内容を無視しての行動。錯乱した状態で上官への攻撃を図ろうとした。
実際、部下の教育と正当防衛のどちらの言い訳をしてもなのはさんの言い分は立ちます。

 ただ、なのはさんが肉体言語(全力全開!)で語ったのは少し問題があるかもしれません。
どうなんでしょうね。ティアナが生きていればチャラな気がします。なのはさんには其処までの冷静さを求めたい。
………………………………………
今回は賛否両論出るのかもしれませんが、自分は案外ティアナさんが自身に見合った成長をするように思い直すようになれば問題は解決されるのではないのかと思います。
 あとはなのはさんが肉体言語以外のコミュニケーションを取れるようになれば(というか部下の扱い方とか分隊の統制とかの向上)、スターズ分隊は上手く機能するのではないかと思います。

 うーん、観るまではなのはさんが悪いと思ってたんだけどなぁ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なのはStS 8話所感。 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる