総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 実写版ネギま!の狙いとは?

<<   作成日時 : 2007/10/09 12:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 タイトル通り。胡散臭いだけで、特に大したオチもない。悪いのは初っ端から二週連続で無断休講する講師の方だ。(以下所感)


 まー視聴者が大風呂敷拡げても結局提供する側は「ネギま実写化でまだ儲けんぜ!」みたいな利益搾取しか狙ってないと思うんだけど(見込みとか、裏付けあるのかな)


 今回の作品で何を狙っているのかが今一わかんないので勝手に予測を立ててみる。
◆購買層の拡大
 これを機に原作の単行本やら以前のアニメのDVDとかもうちょっと買ってもらおう、みたいな。難しいよね。
 温故知新的な目的で、今度新しく入ってきた中学生なんかを呼び込むにも特撮みたいな媒体はキツいんじゃないかと思う。だってアレから原作読みたい?DVD買いたい?
…逃避目的でもDVDは購入してくれないと思うぞ(高いし)古本屋でマネーロンダリングの図しか思いつかない。

 それでも買い手側は固定されてきてるから少しは増えないかなーなんて下心も一割ぐらいはあるのでしょうか。

◆特撮技術の実験目的
 何ていうか、「これだけ進歩したんだから以前ちょろっとあった美少女モノの企画またやりましょうよー」…みたいな。90年代の初めぐらいまでやってたと思うんだけど。ものっそい昔だとコメットさん?
 昔だと、とても怪しかったあの特殊効果が今では!…ってな感じだと思うので。
 でも最近少しずつ増えてきてるんじゃないの?とも思うんですけど。

 あれか、とにかく人柱を作って足場を固めようっt(略

◆女優の売り出し
 ない訳がないよね。「あり得ない」とは思うかもしれませんけど、第一回で印象に残った人はいるでしょう?そんな感じでこれから通しで見てしまうと微妙に女優の名が売れるんですよね。
 女優というかアイドル業界というか芸能界の仕組みに関しては無知に近いんですけど、知名度ptを稼ぐのは大事なんじゃないんですかね。

◆視聴者層を二次嗜好から三次嗜好に移行させる
 目論見はあっても成功し得ないよ。ほら、現実の悲しみに翻弄されるだけだから。

◆ネギま!という作品にある諸悪の根源を絶つ
 これは提供側というより制作側の方の狙い?「二次媒体において成り立つ設定、展開などを実写に投影することによって視聴者に色々と苦悶させる」、みたいな?(苦しくなってきた)

 むしろ荒川さんを呼んでるんだったら後期の方の魔法バトルの方に重点を置いて超鈴音を倒す展開をやって欲しいと思うんですけど。特撮ならそれが無難じゃね?あー、でもエフェクトが哀しい事になるのか?演技力が足りないのか?
 あ、だから序盤はアホ展開にして後期はそっちで行こうという心算なのか…。

 多少なりとも納得したので今回はここで打ち止め(昼休み入ったし)

 皆さんも絶望しながら実写版、観ましょうね!OPのあとのCMで絶望先生のが入ると吹きますよね。あれは絶対狙ってると思うよ。うん。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実写版ネギま!の狙いとは? 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる