総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーとしての“電王”

<<   作成日時 : 2008/01/23 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 正直『仮面ライダー』というカテゴリからの解脱から随分久しい平成ライダーですが、電王はその中でも最も旧ライダーに近い部分があったと思います。その大部分は侑斗のおかげなんですが。(1/23 16時頃追記)


 さーせん、まだ未完成のまま投稿しちゃってて…。

 電王は「史上最弱の仮面ライダー!?」というキャッチフレーズから始まり「最初から最後までクライマックスだぜ!」という名言に終わりました。

 恐らく当初は基本性能最弱の主人公、野上良太郎を一年間通して仮面ライダーとして立派に戦えるように成長させようというものだったのでしょう。その試みは概ね成功といえます。
 良太郎はこの一年間を通して仮面ライダーとしての素質を磨き、立派に戦える男として成長しました。しかし、仮面ライダーへの昇華という点に関しては十分とは言えません。

 旧作の仮面ライダーを通して貫かれているのは「孤独」です。触れ合う人々との団欒と敵との戦いに赴くライダーたちの姿は哀愁さえ漂わせるものがありました。

 電王でもイマジンたちとの別れを糧にして最終決戦に挑み、勝利すれば万人が晴れて仮面ライダーとして呼称しても差し支えのないものになっていたかとも思います。
 求められるべき犠牲を払っての勝利というのが旧作では通例であり、その悲しみを乗り越えてこその勝利というのが仮面ライダーに美学を感じる一要素であるとも言えるでしょう。

 しかし、電王で勝利の条件として持ち出されたのは犠牲ではなく覚悟でした。イマジンたちとの別れを覚悟して死地に赴く。その描写は良かったのですが、散々ライダーに関わり散っていった者たちを観てきた人たちにとっては覚悟は戦う時から常に持ち合わせているものであり、今更確認すべきものでもないと感じられたかもしれません。

 これが史上最弱のライダーとして出発した電王の最大の弊害で、人一人が仮面ライダーとして成長するには一年という時間は短かったとも言えます。基本性能の低さがアダになったと言い換えても差し支えないでしょう。でもそれが無ければイマジンたちの存在意義も薄められますし、一長一短だったのではないでしょうか。
 イマジンたちに依存してきた良太郎がその関係から一段上へ進んでいればもっと良い作品になったのではないかと思うと、それはそれで悔やんでもいいのではないかと思います。

 やはりイマジンという存在がある以上電王は電王であり、仮面ライダーとして考えるのは難しいでしょう。しかし、イマジンとの関係を築きつつ仮面ライダーとしての位置に非常に近い者がいました。ご存知、桜井侑斗です。

 侑斗は初登場から人と関わりたがらない人物として描かれます。それは彼と関われば戦いの中で消費する記憶の犠牲になるという理由があったからで、それが辛くて他人を避け自分の身を省みずに戦いに赴く姿はライダーとしての風格を十分に備えたものでした。

 デネブとの関係も世話を焼かれながら戦いではそれぞれが自身の力を発揮、ポテンシャルを高め合いながら勝利を得るというスタイルが貫かれていて、一部の人は電王組よりもゼロノス組を応援していたぐらいです(…実は自分も)

 彼の未来の存在である桜井さんも侑斗に劣らず格好良く、愛理さんとの関係を代償にしてまで未来を守ろうとする場面にも心が震えます。最終回で桜井さんが消滅したのは、戦いを終えた侑斗の築く未来がイマジンがいなくなった(更にデネブも存在している)以上異なるものであるという事でしょう。そして、良太郎が時期をずらして時計を贈るようにしたのも、愛理さんと成長した侑斗が関係を築くまでにそれだけの時間がかかると考えれば解決できます。

 『電王』という作品世界でイマジンとの勝利に求められる覚悟と犠牲。その犠牲の大半はゼロノス組の方が負担していました。だからこそ良太郎に求められたのはイマジンたちと戦い続ける覚悟と自身という存在だけで済んでいたのでしょう。


 では、『電王』にゼロノスだけが存在していれば作品は成立していたのか?それは最終回まで観ていた皆さんにはわかっている事でしょう。ゼロノスだけでは勝利できない戦いだったからこそ電王は存在意義を持ち、電王組が破天荒でいたからこそ堅実に勝利へ進んできたゼロノス組の努力が実りその魅力を十二分に引き出していたと云えます。

 説明不足、かつ主人公が等身大であった為に仮面ライダーとしてはあまり評価されませんが、今作品には間違いなく仮面ライダーと認められるヒーローが存在しており、彼の戦いは皆が認めるべきものだということで、本文の締めとさせて頂きます。

 願わくば次回作のキバが今作を踏まえたものでありますように…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダーとしての“電王” 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる