総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダム00 第18話

<<   作成日時 : 2008/02/10 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間苦難を克服して立ち上がる姿が美しいのでルイスには期待しています。沙慈が頑張るのは当たり前として(弱さに負けるのもアリだけど


 00におけるガンダムの存在意義はグラハムだと思う。この人絶対ガンダムじゃなかったらこんな執念燃やしてないよ。


あらすじは省略。
録画忘れて贔屓のサイトであらすじ読んだだけだから生の感情では無いんだけど、それでも鳥肌立ったよ。グラハムの功績をもっとユニオンは称えないと(…日陰者なんだっけ?)

 単純な感想は下の方にあります。

 今話はソレスタが色々積み上げてきた活動で生じた世界の返答を受けた上で、マイスターたちが求めてきた"戦争根絶"というゴールに対する具体的なイメージをより鮮明にするものになったんじゃないかと思います。やっぱり戦争の中でも求められる規範はあるし、それは出来る限り守らなきゃいけない。

 第二ソレスタの行動の先にあるのは『何か不都合な事実を抹消する』という結果です。それは戦略的行動ではあるのだけれども、今までのソレスタがやってきた事にも反してるし恣意的だしで到底納得出来ないものです。

 戦争根絶の一手段として、各国の軍需工場を破壊するのはあってもおかしくないものだとは思えます。幾ら戦場でMSを星の数ほど撃破したってそれと同数が再び生産できるような施設があれば意味は無い。その考えは今までの歴史の中でも行われてきた事でもあります。
 でもそれって、戦争行為ですよね?

 ソレスタやマイスターたちのあるべき姿として、どんな苦難にあってもそれを正面から打ち砕くというのがあると思っているので…。以前のような物量作戦を仕掛けられてきても、それを戦術でいなすのが正しい(これ以外の語でピンとくるものがないので)応酬なのではないでしょうか。
 敵に自分が不利になるような情報を公開するのは好ましくない事ですが、ソレスタが戦争根絶を目標にしている限り徐々に情報が漏洩しその集積でガンダム対策が練られていくのはやむを得ないでしょう。

 戦争根絶の完成形として求められるべきなのは、戦争を続ける環境を破壊することではなく戦争を行う人々の意識を破壊することだと思います。世界の変貌ね。

 とはいえ、戦争行為に代表される闘争本能というのは人間の根幹に深く関わるものであり何らかの代替行為がないと精神的にも世界の維持の為にもよくないと思うんですよね。
 
 そこでお勧めしたいのがガンダムファイト。
 Gガンダムで登場したこのシステムは作品の突き抜けすぎに一見「ねーよ」との感情を抱きがちですが、中々どうして奥が深いものですよ。
 話すと長くなるので気が向いたら別の記事に書くことにします。


 総じていうと、今までの放送分の中で一番充実した回だと思います。Gyaoでまだ観てないけど。


 ルイスの一件に関してはもう昼間にさんざっぱら考えたので何も出てこないんですけど、不憫だよなぁと思います。
 この娘がなぜなんていう因果律を含んだ話から戦争に関する色んな視点とかを混ぜ込むと膨大な量になって視点も±色々あってどれか一つに統一するのは難しいんですよね。自分の処理能力にもありますが、統一しての一意見なんか現世には存在しないのが大きいんじゃないですかね。

 沙慈たちはこういった形で話に絡めなくても他に手法はあったと思うんですけど(姉の真相追求に絡むとか、宇宙工学の教授が何かの秘密を持っている人間だったとかさ)、コンパクトにまとめるには好い選択だったのかな?


 (で、冒頭に戻る)


 …これで人革連も頑張ってくれれば何も云う事は無いんですが。人革連大好きでタオツー買っちまったぐらいなんで。少尉可愛いよ少尉。

 でも今回の大活躍でカスタムフラッグ買ってきてしまいそうです。いや、間違いなく週末には購入していることでしょう。

 バ…バンダイのばかやろー!!(サンライズ子会社なんで総じてバンダイといっても問題は無い)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンダム00 第18話 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる