総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアスR2第5話〜8話感想。

<<   作成日時 : 2008/05/29 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オレンジが出てこないコードギアスに価値など無いのです。(んな事はないけど)そんな感じなので、今週の話まで纏めて感想を書いておきます。…あらすじとかよりも大分脇にそれたトコに焦点が当たってるかも。(そのせいで莫迦みたいに長いです)



ニーナ登場時にオレンジ登場!?と身構えたが、よくよく考えればあそこにいたらジェレミアに核が搭載されてる可能性が大だったわけで…いかん、いかんぞ(色々と



第5話 『ナイト オブ ラウンズ』
 あらすじ:アシュフォード学園に復学したスザクの歓迎会が学園祭規模で開催。最後のモラトリアム?学園祭の模様はこちらのブログにてご確認下さい。そして後夜祭、スザクは屋上で対峙したルルーシュにある人からの電話を渡す。エリア11に新しく総督として赴任してくるその電話の相手とは、妹のナナリーであった。

画像

 ルルーシュが重度のシスコンである事がここから3週間に渡って延々と語られていきます。ロロの病みっぷりもどんどんと悪化。スザクの「にゃー」は可愛くない。や、ナナリーの「にゃー」は凄い良かったですよ。凄い良かったですよ!!(撒き餌)ラウンズ組にいう事はありません。サービスカットにも特にいう事はありません・・・よ?んな事は置いといて、ヴィレッタ先生の方に話を向けたいと思います。
 前作の『学園祭宣言』と似たようなシチュエーションで行われた今回の歓迎会でふと扇の事を思い起こすヴィレッタ。二人の関係って今は各々どういった感じで整理されてるんでしょうね。記憶が戻ったあの時は嫌悪の感情が上回ってたけど、段々落ち着いて一年ぐらい経ってくると「ああ…悪いことしたかなぁ…」とか思ってきた感じなんだろうか。ヴィレッタの記憶の混ざり具合とか、それほど深く語られるはずのない部分なのでここら辺は好き勝手に補完しろってコトですかね。

 つーコトはあれですか、水泳部の水着カフェの時には「扇にも見せたかったなーこの水着」とか思ってたと考えてもいいんじゃないですか。

 OPだけ見ると扇とヴィレッタの関係には注意したい感は見受けられるので、そうですね、最終回より2,3話前とかで扇とヴィレッタでKMF戦をやって、土壇場で告白して最終回でしっぽり納まる展開があると本筋とはもう全く関係のない部分ですがそこそこ受けるんじゃないですかね。
 うん、主人公周りが大分充実してる分脇役あたりにもスポット当ててほしいんだよねオレンジとか。…あれ?



第6話 『太平洋 奇襲 作戦』
 あらすじ:まさかのナナリー登場に激しく動揺するルルーシュであったがロロの機転でその危機を脱する。とはいえ、自分が守るべきである妹が政局の表舞台に立つ事が解せないルルーシュは黒の騎士団を率いて無謀な奇襲作戦を実行する。
 多大な犠牲と転換を織り交ぜながらナナリーの前に立つゼロ。その身を掌中に収めようとするゼロにナナリーはユフィの遺志を継ぎ特区日本を設立する事を宣言した。あの時と同じように手を差し出され動揺する彼に間断なく飛空挺墜落のリミットが迫る。
 結局確かな返答も出せないままナナリーはランスロットに救出される。瓦解する飛空挺。宙を舞う中で自分を裏切った男に全幅の信頼を寄せる妹を見てルルーシュは絶叫した。

画像

 うん、みんなが紅蓮弐式のあのトンデモ換装にものっそい反応されてるみたいですけど、アニメでロボット入れるとしたら行き着く先はトンデモ系なんですよ!科学の最先端を突っ走ったらオカルトと交わるのは必然なんですってば!!元々ギアス自体がとんでもないモンですからKMF(ナイトメアフレーム)もどんどんとんでもないトコに行って構わないと思いますよ。もうそうなったらコードギアスを正しくロボットものと呼んでも差し支えない。

 考えられる限りのトンデモ展開
・「ロイドさん!行きます!!」→アヴァロンがバズーカ形態に変形、ハドロン砲ならぬアヴァロン砲
・「真ん前から打ち砕く!! 私の自慢の、拳でぇぇッ!!」→『コードギアス 反逆のカレン』
・「オールハイルブリターニアーッ!!」→ジークフリートをコアにした巨大ロボット登場(全長50mはザラ)

 ロボット話のついでにこの回で使用されたKMF空輸に関して。
 大好きです。陸戦でしか戦えないロボットがどうこうして空や海で活動しようと試行錯誤するの。この技術が限られた中での優れた発想の創造は少し感動すべき部分ですよね。まぁテンプレではあるんですが。古くなるとダグラムとかボトムズになるんですかね(Zで出たウェイブライダー(あの板)は行動の自由が利きすぎるので邪道な感があったり)。あー、ラウンズの機体なんかは全然邪道ですね。可愛げがない。
 というか、このリアルに近い描写があったからこそ後半の紅蓮のトンデモさが突出すると見ても過言ではないでしょう。紅蓮は元々最新世代のKMFであった筈なのに、前作の後半〜この話にはもう別に普通の兵器になってしまいました。そんな紅蓮にもう一度新たなステージに踏み込んでもらう、そういった目的でラクシャータはあの展開に持ち込んだのではないでしょうか?

 …まぁただの酔狂でしょうが。



第7話 『棄てられた 仮面』
 あらすじ:正式に宣言された特区日本の設立。先の事件もあり様々な反応が生じるエリア11であったが、最愛の妹がスザクに保護されている現状で存在理由を失くしたルルーシュはそれらに全く興味を持てず、ただあても無く租界を彷徨う。
 全てを閉ざそうとする彼がその先に見出したのは、他人の存在の大切さと自身の背負うものの重さ。
 自分の存在意義を取り戻したルルーシュはその足で洋上で窮地にあった黒の騎士団を救い、ゼロとして特区日本への全員参加を指揮を執っていたスザクに言い放つ。


 まぁこの作品の大事な個性である厨2描写が最大限ルルーシュに振り分けられた回ですが(…アリなんだけど、あんまりないように気を付けるのが世上での嗜み。それが許されているギアスはやっぱり稀有な存在)、そんなの興味ないのでナナリーの衣装あたりに話を移したいと思います。

画像

 キャラデザがCLAMPという事もあって、ナナリーの衣装はとてつもなく可愛いです。CLAMP節絶好調です。やっぱりこれだけのコスデザできる人そうそういないですよ。ちなみにどこら辺でCLAMPセンセらしさを感じるのかといえばやっぱり襟の曲線部とかもう全部ですね(早期に全肯定)。何よりもあの髪のボリュームと!儚さと!でも凛としている感じが!!もうなんていうか駄目ですね。これは年末の選定にナナリーきますね。…前作の時には別に響かなかったんだけどなぁ。来月ナイトメアオブナナリー買おうかな。

 余談ですがロロのヤンデレっぷりやショタ疑惑に関しては当方では扱うつもりはありません。



第8話 『百万 の キセキ』
 あらすじ:イレブン、日本人全員を揺さぶるゼロの宣言。当然黒の騎士団でも紛糾が起こりその真意を問い詰められるゼロだったが、彼は代わりに「日本人とは何か」と問う。
 並行してゼロはラウンズたちとの間に『騎士団100万人の動員と引き換えに己を国外に追放させる』といった密約を交わす。そして行政特区日本の受け入れ開始日当日。広い会場にはゼロの申し出どおり百万人のイレブンが集まった。
 正式に国外追放が表明された後スクリーンに姿を現したゼロ。彼はスザクに先の問いを繰り返す。「それは…心だ」と答えるスザクにゼロは同意する。たとえ何処にいようとその信念があれば日本人なのだ、と。直後会場に張られた煙幕の先に現れたのは100万人のゼロだった。ゼロの号令の元、100万人の日本人が中華連邦の用意した氷山船に乗りこんでゆく。

画像

 そんな感じでトンデモ此処に極まれり、みたいな。まだまだ先は長いんですけどね。本編自体の感想としてはスザクの道着のミスマッチさとかアーニャのマゾ発言とか、ヴィンセントの出撃とかロロの動向にハラハラする小心なヴィレッタ先生とかすっかりルルーシュの手に落ちたようなヴィレッタ先生の背徳っぷりとか久々の再会にきゅんときたようなヴィレッタの姿とか、なんかもうヴィレッタスペシャルみたいなのが凄い好かったです。ナナリーのお付のヒトはあんまり良い印象は持てないんですけど。うん、ルルーシュは本当にナナリーの傍についてるのはコイツだって事に気づいて其処を糧に復帰してもよかったんじゃないかなぁ(それじゃ人間として成長してない/それがまた)

 ああ、あとユーフェミアまわりできちんと話が収められたのがいい感じでしたね。ベタですけどあの灯篭流しのシーンはビビビときましたね(死語)。どうあっても解消できない問題、忘れてはいけない記憶だからこそそれを胸に抱きながら前へ進んでいく。その部分ではナナリーやスザクとの想いは一つであり、ルルーシュがたどり着いた境地であるとも言えるでしょう。奇跡は往々にして現実の積み重ねではありますが、やはり最後の賭けの部分を人の想いにした今回の作戦ばかりはユフィが成功に導いてくれたという夢に浸るのもアリではないでしょうか。

画像

 そして舞台は中華連邦へ。・・・・・・何するの?



 以上で連続感想も終わりです。長かったですね(色々と)ではまた次回、オレンジの登場に期待しつつ。
 …まぁグッズ周りとかゲームの方とかで大分賑やかになるらしいから症状は収まってはいるのですが。やはり本編。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアスR2第5話〜8話感想。 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる