総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス 反逆のルルーシュR2 第11話 『想い の 力』感想

<<   作成日時 : 2008/06/23 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 これは、名誉であーる!総てはヤツが持っていく。・・・でも次回予告のアレは大分ズルいんじゃないかなぁ。今回はテンションの上がらなかった前回のあらすじも込みでやります。




 いやぁド変態ばっかりでしたね、中華連邦。誰もが下衆かったと思います。




第10話 『神虎 輝く 刻』
 あらすじ:星刻たちの起こしたクーデターに乗じて天子を奪い去った黒の騎士団。騒動を収めたもののゼロの計略に手も足も出ない大宦官たちは、星刻に罪を許す条件としてKMF“神虎”に搭乗し黒の騎士団を殲滅せよと命じる。その命に従い星刻は兵を率いて黒の騎士団有する最新鋭浮遊航空艦“斑鳩”の前に立ち塞がる。神虎を斃す為に紅蓮が出動するが、すんでの所で補給不足をつかれ沈黙。鹵獲される。
 撤退を進言するディートハルトを無視して反撃を図るゼロであったが、土地勘に長けた星刻の戦術にあえなく後退を余儀なくされてしまう。窮地を切り抜け、天帝八十八稜に立て篭もる黒の騎士団。疲弊した中で立ち向かうは中華連邦、そしてシュナイゼル率いるブリタニア軍であった。

画像

 特にモチベーションの上がらない回。オレンジいないんだもん。
 気になる点としては輻射波動砲 対 荷電粒子砲ですかね。物理上存在するものだったらそういったぶつけ合いは可能って考え無しに言えないと思うので、成立するのか不安になった。え?気にしないで見ろって?ですよね。

 まぁぶっちゃけ次回の方がインパクトが強くてどうも印象に残らない。


第11話 『想い の 力』
 あらすじ:もはや勝てる手立ては無いに等しい黒の騎士団に止めを刺すべく、中華連邦軍が集中砲撃をかける。だが、その実中華連邦軍は一枚岩ではなかった。神虎には刃が向けられ、クーデターの首謀者らは捕縛。あとはブリタニアの力を借りて事が済むと語る大宦官たち。天子も、より自分らの言いなりになる駒を新たに用意すると言い放つその醜態に歯噛みするばかりの星刻。
 天帝八十八稜から入ったゼロの通信に対しても大宦官たちの態度は変わらず、砲撃は衰えを見せない。斑鳩の持つ輻射砲壁が衰えを見せ、艦橋前面の防壁が崩れる。そこに現れた天子。戦いを嘆く彼女の叫びも空しく、大宦官たちは一斉射撃の命を発する。彼女を守ったのは他ならぬ星刻だった。しかし、限界を迎えつつある神虎では次の攻撃に耐えられそうもない。昔交わした約束に思いを馳せ、星刻はひたすら祈る。
 
 「誰でもいいから天子さまを助けてほしい……!」

 「――分かった。聞き届けよう、その願い」

 二人を守るようにして立つKMF“蜃気楼”。ゼロ専用に開発されたその機体が持つ絶対守護領域が二人を守ったのだ。さらに拡散構造相転移砲を用い手近な軍勢を蹴散らす。
 ゼロの登場を訝しむガウェイン艦上のシュナイゼルの元に中華連邦各地で同時多発的に暴動が起こっているという報せが入る。先ほどの大宦官たちとの通信が各地に漏洩したのだ。その内容を吟味し、ブリタニアは中華連邦から手を引くことを明言し、戦線を離脱する。
 あるはずの後ろ盾を失くし形勢は一気に逆転。大宦官たちは星刻により粛清される。捕虜になっていた星刻の部下からカレンの行方を尋ねるゼロ。カレンは紅蓮可翔式とともにアヴァロン、ブリタニアに差し出されていた。怒りを滲ませるも、ルルーシュは必ず取り戻すと胸中に誓う。

 その後、天子を含めた中華連邦の去就について決断を迫られるゼロ。支配を強めるために日本人との政略結婚を薦めるディートハルトの意見に騎士団の女性陣が反論。その最中、シャーリーとの電話に応えるルルーシュは問題の解決のきっかけを遠まわしに彼女に求める。返ってきた答えは、『仲を裂くよりも逆に互いの想いの力でどれだけの事が出来るかを考えた方がいい』といったものであった。その答に、ルルーシュは自身がナナリーの平和のために起こした今までの行動を重ねる。
 戻ってきたゼロは、天子に「貴女の未来は、貴女自身のものです」と語り、あえて中華連邦の問題を救った栄誉を得るだけに留まった。

 ルルーシュが中華連邦で黒の騎士団が活躍する土台を築こうとした理由は、C.C.が以前党首を務めたギアス嚮団の位置を特定することであった。今回の一件でその基盤は整ったとして、一旦ルルーシュはアシュフォード学園へ戻る。
 一方、嚮団本拠地ではジェレミアがその身体の最終調整をバトレー以下研究チームに依頼していた。

画像

 学園にもどったルルーシュ。彼を待ち受けていたのは、複雑な表情のシャーリーと生徒会加入志望のナイトオブラウンズ、ジノ・アーニャであった。事態の掴めないまま、いつもの日常が始まろうとしている。



*********************************
名誉であーる!
画像

 こんにちばんは。長いです、このあらすじ。でもはしょってこれだからなぁ…。
 さておき、今回は中華編の決着と新たな展開に向けての布石がバシバシ見えた回でした。アーニャの存在意義とは!?鬼畜騎士スザクに拉致られたカレンの安否は!?C.C.エロい。最終調整を受けるジェレミア…その真の姿とは如何なるものか!?
 そして次回、天を駆けるルルーシュは其処に何を見る!?

画像

 展開が全く予想できません!
 とりあえず、対立軸がブリタニアではなくギアス嚮団に移りそうな雰囲気はありまくりなんだけど。うーん、目的が全部宙に浮いちゃってるような感じだからなぁ...。どこに向かうんだろう、この作品。

まあ今回のツッコミでも。
◆香凛さん何やってんの
 …大宦官がどこからあんなモノ出してきたのかが理解できない。だって××××××ですよ!?(自主規制してみた)や、これはバレたらまずいぜ…。普通に使われてるものなんですか?どうなんでしょうかねぇ。
 とにかく今回はこれのせいで全く集中できなくなった。まったく度し難いぜ(お前がな

◆別れた二人
 大方の予想に反し自らの力でKMFを動かすことの出来たルルーシュ。…お前、C.C.がいなくても大丈夫だったんだな。これが親離れですか(遠い目)でもC.C.の戦闘能力が中堅所なのになぜ攻撃班にあてるかが理解できない。…や、あの二人のコンビ乗りがみたいっていうのは結構需要あると思うんですけど。
 でもルルーシュがやった事と言えば艦橋までの移動とわしゃーっとキーボード叩き付けただけだよね。

 うん、帰って来いC.C.(やっぱり不安

◆恋愛に垣根は存在しないんだよ!(合意ならね
 天子と星刻の関係成立に関しては特に言う事もなく。いやー、全然天子には興味わかなかったなぁ。神楽耶株は上がりっぱなしでしたが。・・・かないみか株は上がったのだろうか。どうだろう(未だに乳揉む人のイメージは払拭できない

◆アーニャブログで自分語りしてくれませんか?
 絶好調のアーニャです。マリアンヌとの関係が噂される彼女ですが、実際のところどんなもんなんでしょう。やっぱりクローンオチか逝っちゃったマリアンヌの隠し子とか。アナグラムでマリアンヌになるとかでもないしなぁ。まぁほっといていいや。



じゃー今回はこんな感じで!ジェレミアについては語りだしたらキリがなくなるので自粛します!!そのベスト姿に関して語ると文字数が大変なことになるー!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 11 「想い の 力」
 天帝八十八陵へ追い込まれたゼロと黒の騎士団も気になりますが、彼らと一緒に抹殺されようとしている星刻も気になります。そしてアッシュフォードのルルーシュも・・・。 ...続きを見る
つれづれ
2008/06/23 18:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第11話 『想い の 力』感想 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる