総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS あと少し…。

<<   作成日時 : 2008/07/31 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どれだけ奔走(翻弄)されてもがき苦しんでいても一週間は無常に過ぎ去っていきます。ひどい(色々と)。取り敢えず明日まで頑張ればひとまず現実逃避できる…!そんな感じで今日明日と乗り切っていこう。ギアスR2の感想は予定通り明晩になりそうです。



その場の勢いに任せて祐巳さんとか。

画像

 他方向にマリみて期待age、みたいな。プレミアムブック読み返したらアニメの方は最初っからきっちり組み立てて作ってるから長続きしているんだなーとか感慨深くなった。

 で、8/1にスピンオフで“お釈迦様もみてる 紅か白か”ってのが出るらしいんだけど…。どうしよう。




アリプロつながりで。
 R2二期EDの『わが揩スし悪の華』、レンタルしてきましたよー。…いや、持ち合わせがなくて今は買えないんですよ。

 アリプロのアニメ主題歌CDの購入率はかなり高くて、それこそnoirからずっとなんですけど(ピアニィ・ピンクは?とか聴かれても何処に売ってんだよ)、暗黒天国あたりから遠ざかっていたので久々に戻ってきた事になります。あの辺りはまさに商業的というか曲単体でしっくりこなかったというかシンクロとか言う前にアレだったりした訳で…。

 さておき、表題の『わが揩スし悪の華』は全体を通して聴いてもちゃんとギアスに沿ってるというか、シンクロ率やべーみたいな出来です。2番とか本編でそんな流れになったら(しかもその回のEDが2番だったりなんかしたら)倒れそうだ。
 曲の構成が全体的に固まってる中で今までずっと曲を出し続けてこれだけ変化に満ちているって凄いコトだと思います。構成とか雰囲気みたいなものというか…周りの求めているアリプロ色というのが固定されていて、それと外れると不味い訳で。ざっと聴いて「どれも同じじゃない?」みたいなリアクションをとる人は『Dilettante』聴いてきてほしい。多くの人が持っているアリプロのイメージが『愛と誠』であるのだけど、決してアリプロは其処だけじゃなぁない事がご理解いただけると思います。理解は幸せ。

 OPやらEDやらで印象的な登場をした表題曲がフルになってどうなるのか、という部分もアリプロのシングルCDの魅せ場の一つではあるのですが、最大の見所はC/Wなんですよ!
 『コッペリアの柩』であれば『apre le noir』、『月蝕グランギニョル』であれば『未來のイヴ』、『禁じられた遊び』であれば『あたしがアリスだった頃』(むしろコレに関しては後者のほうがメインだと思う)、etc...etc...ですよ!!緑茶に対するお茶菓子のようにきっちり纏めてくれるあの感じがたまりません。何故、何故C/Wが本編で使用されないのかと何度思ったことか。表題曲よりもC/Wに期待するって滅多な事ではありませんよ?なるほど、期待率が異常数値でした。今回のC/Wもその期待に違わぬ出来です。

 『麤皮』…。“あらがわ”、と読むらしいですよ?タイトルの意味と内容は伏せますが、ギアスとのシンクロはまぁうっすらと、みたいな。犠牲と過ちに対する教訓みたいな所で関連性を持たせてるっぽい。
 系統としては『あたしがアリスだった頃』みたいな。ストーリーがあって、それをなぞっていくような構成。ザクザク進んでいってさっくり終わったのでびっくりした。でもそれ故に無限ループです。やっべー、早くCD買ってこないと禁断症状出そうだぜ…。

 CD全体としては表題曲の完成度とC/Wの単体としての深みとが凄く絡んでとんでもない感じです。ギアスのEDが収録されてるシングルとしてだけじゃなくアリプロのシングルとしてもしっかり確立されている一品です。買いですよ奥さん。


 あー、この流れで禁書いっとこうかなー…?その前にGrand Finale買いたいなー。アリプロ熱が細々としかし確実に燃え広がる夏です。



 ラストは多分色塗らないだろーなーと思った絵を貼っとく。今は一枚絵よりも漫画な気分(じゃぁ描け

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あと少し…。 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる