総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事U 第六話 「夜露執事」 感想

<<   作成日時 : 2010/08/06 07:15   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 よろしく、ねっ☆
…こんな挨拶、日中にやると恥ずかしくて爆死するのでサクサク仕上げていきますよ。(以下、本編は基本シリアスです。)




画像

 「では…坊ちゃん」

契約を果たす為にセバスチャンがシエルに顔を近づけたその瞬間。

鐘が鳴り、シエルを見つめていた鴉は飛び立った。

そして、第二の物語の幕が開く。



画像



あらすじ:シエルを手に入れようとトランシーの魔の手が、庭園で、舞踏会場で、形を変えて襲い掛かる。

 アグニや使用人たちの奮闘もあって何とか窮地は凌がれるも、舞踏会で再びアロイスとクロードと面したセバスチャンはシエルにクロードとの一対一での話し合いを求める。対するクロードもアロイスの承認を得る。

 かくして“黒執事” 同士の仁義なき闘いは始まった。

 闘いの中で明かされる真実。そして予期せぬ密談、悪魔と悪魔との有り得べからざる契約……



◆今回のタロット◆

画像

【法王/ハイエロファント】

 ・自信を持って行動する若者に、モラルを教え、忠告を与える人生の師匠を表す
 ・寛容さを象徴
 ・包容力のある寛大さ、慈悲深さを意味する

 正位置:縁、信じる、広い心、年上の人に助けられる、誠実
 逆位置:くされ縁、頑固な人、疑い深い、人間の欲、ついていない

 ※引用元:タロットカード(Tarot)の意味


 ストーリー的にカード自体の意味を考えると今回のセバスチャンとクロードとの取引のイメージで、それぞれセバスチャンの正位置はアグニとの縁だったり信頼だったりでクロードの逆位置はシエルの魂を頑なに奪おうとする姿勢だったりアロイスを飽くまで貪ろうとする強欲だったりするんですかね。


■アルモニカと指舐めしゃぶりとグラスハープ

画像


 今回Aパートでハンナが舞踏会の参加者を操るのに使用した楽器・アルモニカ。語感はハーモニカによく似ていますが、成立過程の全く異なる別物。

 このアルモニカは避雷針を発明したあのベンジャミン・フランクリンが1761年に発明した複式擦奏容器式体鳴楽器です。

 Wikipediaの説明が凄まじく詳しいです。

 さて、ハンナの指しゃぶりが凄まじくエロかったワケですが、「なぜしゃぶる必要があったのか、あったにしろあそこまでする必要があるのか」という疑問が生じてしまいます。

 それについて前者は「アルモニカは指を常に水分で濡らしておかないとたちまち音が切れて演奏が綺麗に仕上がらない」という点から指への補水の必要があったという解答を、後者には「ハンナが面倒臭がりだった、あと指しゃぶりが好きだった」という苦し紛れの予測を返答としたいと思います。

 …エロけりゃなんでもいいんだよ!

 ついでですけど、セバスチャンがグラスハープを弾いてる時に手袋を外してるのも補水の必要があったりするからですね。

 本編では、悪魔的楽器との言及がされているアルモニカですが、歴史上ではその煽りを受けて一度本当に絶滅してしまったらしく現在あるものは復興した1984年以降に製造されたものになります。



 ただ、実際に神経障害の事例が多発したらしいですが、本当にアルモニカが原因かどうかは科学的に実証されてもいないわけで、聞こうと思えばこうして普通に聞けるわけです。発明したフランクリンも使用を続けていましたが長寿を全うしているわけですしね。


 それにしても、あの指舐めてしゃぶるシーンは気合入ってたよなぁ…


■アグニ大活躍、そして3バカも久々の鉄火場。

画像


 ハンナの弾くアルモニカで当初心を操られそうになっていたカリーコンビに使用人三人でしたが、そこは「数少ない友人」と称されるアグニが本領発揮。使用人三人組の秘孔をついてアルモニカの効果を無効化。ソーマを守る為に奮戦します。

 そして久しぶりに三人組がイキイキとしている!フィニ以外は元々戦場に身をおいてたし、フィニにしても暴れるのは嫌いじゃないでしょうし凄い輝きっぷりです。

 普段の眼鏡をかけたメイリンはオーバードジっ子メイドですが、メガネを外すとスーパースナイパーへと変身するのだ!魔犬を仕留めたのもメイリンの狙撃能力あってのコトだしね。

 リジーとポーラはまぁ、非戦闘要員ですからね。藍猫の股下から出てきた時は何事かと思いましたが。

 文化や慣習さえ合えば一番自分の執事にしたいのがアグニだったり。時々浮くけどちゃんと地に足ついてるしね!でもアグニがいないとソーマが3日で死んでしまうだろうから無理だね!


■明かされる真実、骨肉相食む黒執事

画像


 セバスチャン・ミカエリスからシエル・ファントムハイヴを奪う。

 それがアロイス・トランシーがクロード・フォースタスに与えた命令。


 黒執事最終回を黒執事Uへと導く最後のピース。

 契約のもとに魂を奪おうとしたセバスチャンの目の前にあったのは、魂を喪失し抜け殻になったシエルの亡骸。その魂はクロード・フォースタスが奪い取っていた。

 事態に気付いたセバスチャンは旅人に扮しトランシー家に乗り込みシエルの魂を奪還し亡骸に戻すも、復活したシエルは契約の先に仕上げたセバスチャンの求めたシエルには戻らなかった。

 己の進むべき道を見出した果てに復讐を達成し、儚い生を散らしたシエル・ファントムハイヴには。

 求め果て育て上げた復讐を遂げたシエルの魂には、セバスチャンの求める魂には戻らなかった。

 「シエル・ファントムハイヴは失った…記憶を…己の生きた痛みを……」

 魂を育て貪るのが悪魔の性。

 あの時のあの瞬間へと再び到達する為に為すべき事。

 二度目の復讐。


■血の誓約。

画像


 セバスチャンが、求める魂にシエルを育て上げる為に必要な二度目の復讐には相手がいない。求めるべき敵は狩り尽くした。クロードは、アロイスの命を完遂する為に復讐を遂げた完全なシエル・ファントムハイヴを奪うことを欲していた。

 二人は互いの目的を達成する為に密約を交わす。


 アロイスとクロードを、シエルの復讐相手とするのがセバスチャンの望み。

 復讐を遂げたシエル・ファントムハイヴを奪うのがクロードの望み。


 密約を交わした後、セバスチャンはシエルを、クロードはアロイスを誑かしていく。

 セバスチャンの本心は、シエルをくれてやる気など毛頭なかった。

 シエルの魂は自分のものだと、そうクロードに投げかける眼は言っているようであった。


■死狂い

画像


 「お前を…必ず俺のものにする」

 「貴様を…必ず殺してやる」

 かくして、悪魔に魅入られたうら若き英国貴族の当主二人は憎悪に満ちた争いを繰り広げることになる。

 生きる為ではなく、ただそれぞれが自分自身である為に。
 
 悪魔の望みによって仕立てあげられた舞台だとも知らずに。


※次回、「殺執事(ころしつじ)」※

画像


 と、いう訳で宣戦布告とはいきませんでしたが、殺し合いに挨拶はいらないぜ!とばかりに次回からガチガチの抗争が始まるそうです。

 死の舞踏ですよ!殺戮ですよ!ドルイット卿危ないよ!!


 でも、黒執事最終回のあのクライマックスがスコーンと拍子抜けする感じで「なんちゃってー!」な状態になって少し気落ちしたかもしれません。

 そりゃまぁセバスチャンもロケ地吹き飛ばして醜悪な姿さらしたりもしますよね。


 果たして復讐の行き着く先は、ということでまた来週。


 追伸:トンチンカンは魂のない人形なのでしょうか…?






【未開封品】 SEGA セガ 黒執事 セバスチャン・ミカエリス・シエル・ファントムハイヴ エクストラフィギュア 全2種セット プライズ
はかたすまいる楽天市場店
商品名 黒執事 エクストラフィギュア 全2種セット メーカー SEGA セガ 発売日  未開封・即納

楽天市場 by 【未開封品】 SEGA セガ 黒執事 セバスチャン・ミカエリス・シエル・ファントムハイヴ エクストラフィギュア 全2種セット プライズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事U 第六話 「夜露執事」 感想 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる