総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 今クールのアニメも半分過ぎたけど、どんな感じ?

<<   作成日時 : 2010/08/19 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ぶっちゃけ焼き直しと変わらない、ただ長くなっただけのタイトル引っさげて挨拶に来ました。門前払いどんとこいやー!(ピシャッ(以下、自己満足で乗り切る。)





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フライングヒューマノイド(世紀末盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 8月18日発売。うん、CDショップで買って下さいね。ここクリックしたら駄目ですよ。画像だけ貼るの面倒だから持ってきただけですからね。





 さて、大体7話前後まで話が進んでたりだと思うんですけど、アニメ観てますかー。観てても最初の2,3週間で見辛い作品は切ってますよね。それが普通です。どーだっていい作品、切っていいんです。

 ……何で切ってないんだろう、俺。

 伏線は4月スタートのアニメにあって、迷い猫とかABとか、どーだっていい作品を何だかんだで見続けたせいである程度のクオリティ満たしていればアニメ楽しんで観れるようになったんですよね。
 うん、「良作じゃねーか!」って言う人もいるだろうけど。いるだろうけどアレはねーよ。

 もともと以前に比べて作品数もぐっと減って全部把握できるって状態になったのも大きいんですが。いや、これが普通ですよね。


 そんなこんなで放映前の下馬評を大きく覆したりするアニメもあったり、二週貯めこんでも一晩あれば消化できる本数でもあったりでここまでずーっと視聴を続けているわけです。

 ニコニコアニメチャンネルが凄い便利ってのもありました。住んでる地域の都合上こっちの放映日よりも早い段階で放映されることもあり、ぱぱっと好きな時間に消化出来るし。カンパネラとかはここで観ないと…一人では観てられない…。


 で、現時点における夏クールのアニメの評価ランキング。一番左が最高です。


黒執事U>世紀末オカルト学院>伝説の勇者の伝説>ぬらりひょんの孫>屍鬼>セキレイ〜Pure Engagement〜>あそびにいくヨ!>殿といっしょ>アマガミSS>生徒会役員共>学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD>みつどもえ>オオカミさんと七人の仲間たち>祝福のカンパネラ

【選外】

デジモンクロスウォーズ・戦国BASARA弐・ストライクウィッチーズ2

 選外は故あって視聴しておりません。


 みつどもえ未満は、あんまり面白くないor視聴してるのがキツい時がある分です。それ以外は概ね楽しく視聴しています。

 評価については、「元々思っていたよりずっと面白かった」補正のかかっているものもありますのでご了承下さい。


 じゃー適当に各作品所感やりまーす。

黒執事U:基本的なことは記事にもしてるのでそっちで。作品全体としては前作からの引継ぎを支障なく行った上でのストーリー展開が面白い。ただ、難点があるとすれば「前作ラストが不完全燃焼だったのか!」というガッカリ感が生じてしまう所だろうか。アバーラインとかのくだりもしっかり消化してくれれば問題なく良作になるレベル。

 あと、前回でアロイス死んだんじゃないのって話あるのかな。なんか検索ワードにあったんですけど。一回吐血したわけで死ぬわけ無いだろー!意外とハンナも万能みたいなので、クロード不在でもしっかり治療してくれると思います。

世紀末オカルト学院:構成としては二話で一つのエピソードが完結するので、一週間視聴せずに一気に二話まとめてみるのがオススメ。胡散臭い話をむせ返るほどの胡散臭いキャラクターで展開されるのが堪らない。

 1999年ってこんな年だったというか、11年前のニュアンスをきっちり再現出来ている辺りに賞賛の拍手を贈るべきなのかもしれない。


伝説の勇者の伝説:初回テレビ東京での視聴率が0.2%とかで俺の眼を凄まじくキラキラさせてくれた伝勇伝。思わず初回はリアルタイムで観た。(テレビ大阪)

 登場人物の名前が覚えられないのはきついけど。かろうじてライナとシオンとフェリスは頭に残ってる。…うん、主人公のライナしか自信なくて他は今公式行って確認してきた。昼寝と腹黒と団子って覚えれば把握しやすい。キャラクターの記号化がしやすいので、そういうところは視聴するうえで助かってるところがある。団子エロいんだけど何あの子。自然体でエロいのは何とかしてもらえませんかね。

 内容としては、主人公ライナのメインストーリーとして戦争防止の抑止力として『勇者の遺物』という古代に勇者の遺したオーパーツを捜すみたいな流れがあって、並行して英雄王となったシオンの自国の統治に関しての悩みというか愚痴というかを垂れ流される流れがあります。よくある中世的世界観をしっかり構築された上での展開なので没入もしやすくて、楽しめる人は簡単に楽しめるかと。作品の主張も激しくないしね。

 今週放映の回から周辺地域の鎮圧をやってくれるみたいなので、少しだけ期待してみたいと思います。…うん、レギオスがアレだった分凄いのめりこんでたりもする自分が怖い。


ぬらりひょんの孫:原作漫画を丁寧に再構築した感じ。原作で大体イメージが出来上がってるとアニメに馴染むのが難しかったりするが、「アニメではこうやってくんだよ!!」というのがしっかり伝わってくるのでいい。最新回の牛頭丸倒しての第一回のアバンに持ってくる流れはすごい好き。合間にぬらりひょんのお灸シーン挟まってて笑ったけど。

 関係ないけど、青田坊の暴走族設定は規制にかかったのか?旧鼠の人間の女襲うシーンもオミットされてたし。よくわかんないなー。

 原作の現在の流れでも、結構牛鬼は重要なポジショニングにいるキャラなのでこうしてキッチリ掘り下げてくれるのは本当にありがたいです。再来週で牛鬼倒すのかなーと予想しときます。


屍鬼:徹ちゃんの葬式して正雄噛まれる第五話視聴。アニメ化の元になってる原作漫画のニュアンスを上手いこと再現出来ている。このレベルだったら正直封神演義再アニメ化して欲しいくらい。内容としては、閉鎖的な村でひっそりと且つ大胆に連続して人が亡くなってゆくホラーというか8月13日の公式HPのトップ絵マジこえーって感じなんですけど。

 あの、本当に夜観ると怖かったりするんで勘弁してください。


セキレイ〜Pure Engagement〜:おっぱい枠。結可愛い。篝可愛い。甲斐田ゆき天国。うん、話の本筋に深く考察するつもりもなく、このメンバーで面白おかしく時には真面目にやってくれればそれでいいです。鬱展開いらない。

 二期で話まとまるのかとか、そんなのは一欠片も考えてはいけない。


あそびにいくヨ!:おっぱい枠セカンド。エリス可愛いエロい発情期素晴らしい。かな恵ちゃんマジ小悪魔。スク水とかサウナとかなんつーかあざといけどいいの。うん、エロいから。これで主人公鼻血噴いたり野生に還ってくれればDVD各巻5枚買った。なんでかな、何で理性的な台詞吐けるのかなー。主人公菩薩だろ…。

 いいんで、いつかキャーティア全員が同時に発情期に入っちゃったみたいな話やってください。


殿といっしょ:げに恐ろしきは一分間の魔力よ。関西ではゆら孫のすぐ後に始まるこの作品ですが、数ある戦国武将の設定を引っ張り出して好き勝手に解釈しちゃって酷い事になっています。一番ひどかったのは姫若子な。つーか能登麻美子こっちでもお市役なのな!GACKTも風林火山から上杉謙信役持って来てんのな!

 見ててしっかりした形で出来上がっているので是非視聴していただければと。ネックはOPもEDもまともに無いってことだけかな!


アマガミSS:MBSでは棚町薫編がスタートしました。森島はるか編はどうだったかというと、個人的にはスマッシュヒットでした。けど森島先輩だけで1クール欲しかったかなぁ…というのもあったりで、今回のオムニバス形式に関しては正しい選択なのは分かるんだけど物足りないといった思いでいます。

 フェティッシュですよね。何処ってというか全部が。


生徒会役員共:エロトークありきの作品。高校生活におけるエロっていうのを話のネタとして使って笑いを取る感じ。だから実際に性活指導とかそんな莫迦なこともない(教諭除く)。直接的なエロには結びつかない分笑って済ませられる内容が多い。生徒会を中心としたキャラクターの描写がちゃんと行われているので、視聴してて苦痛がない。

お気に入りはスズこと萩村です。


学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD:原作再現のクオリティが高すぎて、原作の問題点に言及するしか無いというか、原作のネガティブな面を見るしか無いというか。そんな所で大好きな作品というか熱中できない作品であるHOTD。でも本当に良く出来た作品。これで黒崎真音押しさえなけりゃーなー(深く知りもしないのに。)

毒島先輩に膝枕されたい。


みつどもえ:作風とはいえあざとさを感じてしまうペドペドしさと、奥歯を擂り潰したくなるほどの恐ろしい下ネタ展開にさえ肌が合えば普通に視聴出来るみつどもえ。相変わらずです。三つ子のお父さんも出てきて作品はますますカオスですが、無印みなみけの監督だけあって破綻なくそれでいて面白おかしく纏められています。最終回まで楽しく視聴できそうです。三つ子の中で好きなキャラ…三女かなぁ…。一番まともっちゃまともですしね。

『総てはオレンジの為に』はアニメ・侵略イカ娘の成功を祈っております。


オオカミさんと七人の仲間たち:亮士のナヨナヨっぷりと大神さんの「これじゃない」感が激しくて、あと作品の構成にも馴染めなくて倍速で観てたんですけど中盤に入ってオオカミさんの弱い部分というのが見えてきたりして「あ、面白いかな」と思わされたりもします。だが亮士が鬱陶しいというか、作品の根幹にあるお伽話補正のせいで「どーせ上手く纏めるんだろー」的な僻みが出来てしまっていて楽しめていなかったり。

いやでもまぁ最後どうなるのか気になるので最期まで見届けたいと思います。


祝福のカンパネラ :作品世界及びそこに住む人々の描写、世界観が綺麗に描き出されそこで画面狭しと動きまわるヒロインたちは可愛い。なのに主人公爆発しろ。これだけお膳立てしといて、主人公がハイスペック過ぎて感情移入できないってどういう苛めなんだよクソッ!主人公と視聴者の間にマリアナ海溝ばりの溝が出来てしまっていて、サービスシーンに主人公が絡むと嫉妬しか生まれないこの憎たらしさ。願うことならば主人公の役得を自分たちでも「うぉー!」とか言いたいんだけど、一つの作品として出来上がっている以上主人公は作品世界の中の登場人物であって自分たちとは捉えられないのであった。

あー、マジ主人公爆発しろ。




 大分書き散らかしましたが、最終回まで楽しめればいいなと思うので皆さんも1作品でもいいから完走してもらえればなーと思います。ではまた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今クールのアニメも半分過ぎたけど、どんな感じ? 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる