総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪廻のラグランジェ 第2話「鴨川スピリット」感想

<<   作成日時 : 2012/01/18 02:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 最初はその場のノリで何とかなる。でも二回目からはそうはいかない。どんなものでも、一回成功する事より何回も成功させる事の方が難しい。(以下、悩んだり怒ったり)





画像

 今回のロボアニメとしての肝は「一話で成功したウォーリア型(人型)への変形(フォームチェンジ)はどうすれば成功するのか」という点で、それをまどかの感覚的・精神的な戸惑い・悩みと並行させて構成している。





あらすじ:初めて搭乗したロボット(以降オービット)ウォクス・アウラで敵オービット・テネリタスを撃破した京乃まどか。意気揚々と戻ってきたのも束の間、息をつく暇も無く二回目の出撃要請を告げられる。騙されたと憤慨するまどかであったが、困っているランを放っておく訳にもいかず戦闘空域へと向かう。

 鴨川近海上空で、二体目の敵オービット・ウォルンタスと衝突するウォクス・アウラ。しかしランの為だけではなく色々な人の色々な思いを、ひいては地球の命運なんて得体の知れないものを抱え込もうとするのが重圧に感じられたまどかは初戦闘時のような力を発揮できず、ウォーリア型に変形出来ずに海に墜落する。

 諦めかけたまどかを奮起させたのは従姉妹である中泉ようこからの電話だった。まどかから事情を聞いたようこは「どんな事でも一度引き受けると自分で決めた事に責任は持て」と、それが出来ないなら他人と共に幸せになれるようにと活動しているジャージ部など止めてしまえと檄を飛ばす。ようこの電話から気合を入れ直したまどかは、海中を接近してきたウォルンタスとの距離が縮まる中見事ウォーリア型への変形を成し遂げ危地を脱する。

 ウォクス・アウラとウォルンタスの二体が鴨川上空で睨み合う中、もう一体のオービット・リベルタスが襲来する。挟撃の形を取られ劣勢の状況下、事態を打破する鍵となるランは未だ動けずにいた。



画像




○まどかの立ち止まり

画像

 今回は勢いで突っ切った第一話とは異なり、まどかは今どんな状況に置かれたのかを認識し何をしていけばいいのかを模索していきます。

 まどかはウォクス・アウラに選ばれたパイロットで、自分が戦わないとランが困り他の人たちも困ると理解するのですが、「君の肩に地球の未来がかかっている」という田所司令官の言葉で何をしていけばいいのかを見失ってしまいます。第一話では自分の生活の延長線上にちゃんとウォクスでの戦闘を位置づけられていたのが、第二話においてはそれが揺らいで抜け落ちてしまう。

画像

まどか「このロボット凄いんだよ。思った通りに動くの。最初は怖かったんだけどすぐコツが分かってさ。実は、結構楽しかった」

ようこ「今は楽しくないのか」

まどか「うん…何か色々考えちゃって。『私がコレに乗ること』には思ってた以上に色んな人の色んな想いがあるみたいでさ。私としては出来る限りそれに応えたいし、誰も裏切りたくないって思うんだけど…。そうやって色々考えてたら、動かなくなっちゃった」

 自分の意志でちゃんと戦っていたからこそあれだけの結果を出せたのに、「色んな人の思いがあるから」「地球の命運がかかっているから」と他人の意志を優先し過ぎては何もならない。でも勢いに任せて突っ切った後でふと自分の周りを見回して「気を付けないといけない」と思った事を念頭に置いて今までと同じ事をしようとすると上手くいかないコトは日常でも往々にしてあります。

 だからこそ、その迷いを払うように従姉妹の中泉ようこはまどかに檄を飛ばすのです。

ようこ「えっらそうに!お前何様!?『やってやる』なんて思ってっから動かないんだよ!『やらせてもらってる』なんてへりくだる必要も無いけどね。でも『やる』って決めたのが自分なら、その言葉の責任ぐらい取んなよ!それがイヤなら…ジャージ部なんて辞めちまえ!!」

画像

 まどかが今ウォクスに乗って戦うことがこれまでの生活の延長線上にある事を再認識させるコトで、戦う理由なんて探す必要なんてないし自分の掴み切れない思いなどに流される必要もないと告げる訳ですね。結局最初に「やる」と、ウォクスに乗って戦うと決断した時に行った逡巡が全てなのだからと。そして一旦「やる」と決めた、決めてしまったのならそれを軽々しい安請け合いにせずやり切れと、そうまどかに言う。

 どんなコトであれ「やる」と言った言葉の責任を取ることを一度でも放棄すれば今までのまどかのやってきたことが嘘になる。「今日も明日も、みんなと幸せでありますように」という願いも嘘になる。そんなのはまどかは望んでないし、そういう意味で悩みを吐露した訳でもない。だから今までの恨みつらみも込みでまどかが逆ギレする。

まどか「むっかっつっくー!その通り、大正解かもしれないけど、お姉ちゃんに言われると…超むかつくー!くやしー!!」

画像

 こうしてまどかは大事なコトを思い出してウォクスをウォーリア型に変形させて危地を脱しめでたしめでたし…とは行かずにこのあと挟撃されるのですが何はともあれ、パイロットのまぐれ勝ちをまぐれにしない為の地盤固めってのはやっぱり気持ちがいいですね。

 そしてまどかが悩むのと並行して描かれているのがランがウォクスに搭乗するまでの試行錯誤です。


●ランの立ち止まり

画像

 第一話でも言及しましたが、自分がウォクスに乗って戦えないからこそランはまどかを騙すような形で洋上プラントに連れて来てロボットに乗せたのです。まどかが敵オービットを撃破した時、ランには嬉しい気持ち以上に劣等感を抉られたハズです。本来ならまどかを守らなければならない役割を負っているのにそれを果たすことができない。だからウォクス・アウラから降りて一目散に駆けてきたまどかを最初はハッキリと見つめることが出来ないし、まどかが楽しそうにウォクスの操縦が簡単だったという言葉にキッとなる。

画像

 最初にまどかとランにあったズレで顕著だったものは、背負っているもののズレでしょう。第二話のアバンでまどかがランに向けて放った「まるっ!」が格納庫内の作業員たちに向けられたものになった瞬間にそのズレは修正され、ランとまどかにあるズレはウォクスの操縦が出来るかという部分に集約されていきます。

モイド「伝説に畏れを抱く今のお嬢様に、ウォクスを受け入れることが本当に出来ますか?」

画像

 ランと同じ宇宙人でお目付け役であるモイドはそう告げました。今はまだウォクスにどんな恐ろしい伝説があるのかは分かりませんが、どうやらそれがランを足踏みさせている原因だったようです。それは少なくとも窮地に陥ったまどかを助けに行こうにも尻込みしてしまう程には重い。

画像

ラン「(出撃前、逃げた訳じゃないと言うまどかに対して)いいのよ、気持ちは分かるから。…私だって、出来ればまどか一人に何もかも押し付けずにもっと力になりたい。でも、私には飛ぶことしか出来ない」

  迷子になったまどかを見つけてパイロットスーツに着替えさせるくだりで、ランはまどかと並び立てない自分の忸怩たる思いを見せます。まどかの為に戦いたいという気持ちは強い。だからこそどうしようか分からずに立ち竦んでいる。

画像

まどか「しょうがないよね。初めから無茶なんだよ。…私がパイロットなんて」

 ウォクスに搭乗したまま沈んでいくまどかの気持ちが、ランと重なっていく。戦えないと、そう思っている。

 だからようこのまどかへの叱咤激励が、ランにも響くんですね。

画像

 お嬢様として使命を果たそうと気負い過ぎるから何も出来なくなる。大事なのはやろうと決めた事を責任をもって達成すること。

 ランは間違いなく次回ウォクスに乗るのでしょうが、彼女がウォクスに乗る動機は二話までで十分に積み上げられていたのだという事を覚えてもらえればと思います。


◎次回、第3話「鴨川にランの花咲く」◎

画像

イゾ「俺はやるぜ!」
アレイ「何をやるの?」
イゾ「やると言ったらやるんだ…!」
アレイ「だから何をさ」
イゾ「やると決めたらとことんまでやり切るのが俺の主義だ!」
アレイ「だから何をやるのかって聞いてんの!」
キリウス「乗った!」
イゾ「あ、乗った。アレイはどうする!?」
アレイ「僕…?僕はだって……捕まっちゃったよ」
イゾ「だせー」
アレイ「…何か言った?」
キリウス「格好悪いと言ったんだ、イゾは」
アレイ「ちゃんと言わなくていい!」


 作品における世界観情報とか謎は今回も諸々出てますけど、三話までで多分闘いが一段落付くでしょうからその後で別記事か何かでまとめたいと思います。

 さて、次回はランの見せ所ですよ。個人的には彼女がウォクスにどうやって乗るのかも注目しています。ここまで及び腰でなんでウォクスに乗れるのかっていうのが綺麗に見せてもらえれば本当に心置きなくラグランジェが楽しめそうなので、期待しておきます。…大丈夫、ラグランジェはきっと裏切らない!

 あと戦闘シーンとかで言えば市街戦ですよね。まどかがどこまで建築物とかに被害を与えずに戦えるかに注目したいです。バク転してましたし。

 ・・・かしこまりは・・・何なんでしょうね・・・掴みどころがない・・・マジ宇宙人・・・。かしこまり以外は面白いキャラばかりだと思っているので今後もっと内面描写がされるよう祈りましょう。

 苦労人の田所司令官が非常にツボにきます。



 早めに更新出来ればいいなと思うんですけど、関西圏で視聴してるので最速地域から数日遅れて感想記事あげちゃうのはご了承下さい。頑張ろう自分。

 ではまた来週。




画像


 藤真センセ何枚アニメのエンドカード書いてるんでしょうね…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎輪廻のラグランジェ第2話「鴨川スピリット」
マドカが勝利して帰ってくる。マド:あんな簡単に動くとは思わなかったよ。ラン:簡単。田所:艦隊司令官の田所です。次に向けてブリーフィングを行いたいのですが。イゾ:俺が出る... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/05/16 19:58
モンクレール ダウン lucie
輪廻のラグランジェ 第2話「鴨川スピリット」感想 総てはオレンジの為に/ウェブリブログ ...続きを見る
モンクレール ダウン lucie
2013/11/28 09:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
輪廻のラグランジェ 第2話「鴨川スピリット」感想 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる