総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス 反逆のルルーシュR2 第13話 『過去 から の 刺客』感想

<<   作成日時 : 2008/07/07 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 誰にも止める事のできない流れ。一つの縁が始まるとき、また一つの縁が離れてゆく。それを拒む事は叶わず、唯いつかその縁と巡り合える事を祈るしかない。(以下、ネタバレ有)



 ALI PROJECTの神懸かり具合はガチ。



あらすじ:人が皆が被っている仮面が外れてゆくのを怖れ、学園を駆ける。辿り着いたのは愛した男の元、だが仮面が外れた彼の真の姿は父を殺した男。シャーリーが見た悪夢。

 大宦官ら亡き後、黒の騎士団と星刻らによる中華連邦の平定は順調に進んでいた。それを確認したルルーシュは池袋駅での進行中の計画の確認に向かう。

 記憶を取り戻したシャーリーは現在の状況が飲み込めないでいた。拠り所を求めるようにスザクを呼び、事情を確認しようとしていた。待ち合わせ場所は池袋駅。折悪しくもルルーシュが計画の確認を行っていた場所であった。ばったりと出くわした三人はそのままあてもなく歩き始める。

 留守中、ロロの戦う動機を探るヴィレッタ。それにロロが噛み付こうとする間もなく、学園に侵入者が現れたとの通信が入る。映像に映った姿を見てヴィレッタは驚愕する。その男は誰あろう、かつてヴィレッタの上司であり、あのナリタの戦線で死亡したと思われていたジェレミア=ゴッドバルトであった。

画像

 悠然とクラブハウスに向かうジェレミアに咲世子が立ち塞がる。隠密の技をもって倒しにかかる咲世子であったがジェレミアの身体は刃を通さない。

画像

 ギアス嚮団本拠地、最深部へと潜ろうとしてゆくコーネリア・バトレー。二人の元に現れるV.V.。間髪をいれずに額に短刀を投げ入れるコーネリア。だが、頭部を刃で貫かれても彼は生きていた。彼は語る。人々を争わせる神がいるのなら、それを殺してしまおう。そう誓ったのだ、と。

 機械の体に刃が通じぬ為、剥き出しの生体部分を狙う咲世子。そこにロロが加勢し、時を止めるギアスでジェレミアの動きを封じた。咲世子がそこに切り込もうとする中で、ジェレミアのギアスキャンセラーが自動的に発動。背後に回って一閃。地に伏す咲世子。
 動揺するロロを組み伏せるジェレミア。こういった状況も想定してキャンセラーを持つ自分が派遣されたのだと語る彼の前にヴィレッタが現れる。
 ルルーシュの居場所は池袋だと告げ、ジェレミアを其処に向かわせた。後にそれを責めるロロであったが、ヴィレッタは静かに二人とルルーシュで挟撃を図れと告げるのみであった。

 池袋駅。スザクにルルーシュがゼロであることを告げようとするも、シャーリーの胸中に一抹の不安が沸き起こる。“もし、この二人が共犯だったら?”疑心暗鬼。仮面の幻想に怯え、屋上の縁から転落しかける。
 それを繋ぎとめたのはルルーシュであった。彼の「失いたくない」という言葉に揺さぶられ、素直に引き上げられるシャーリー。その光景は以前、アーサーを引き上げた時の事を思い出させた。しかし、スザクとルルーシュの関係は以前のものではなかった。

 ルルーシュはユフィを殺し、スザクはそれを憎んでいる。

 背景にあるものはわからずとも、この世界でルルーシュがずっと独りで戦っていると悟るシャーリー。彼女の胸中を察することのないルルーシュの元にロロからジェレミア襲来の通信が入る。切迫した事態に助け舟を出したのはシャーリーだった。スザクと共にルルーシュの元から離れる。

 池袋駅で銃声が響く。ギアスをかけられた男たちの攻撃を突破し、ルルーシュの元に向かうジェレミア。ルルーシュの手により煙幕が張られ、駅一体が粉塵に包まれた。
 駅のヘリポートに着陸した輸送艇。ロロは一目散に兄の元へ駆ける。

 スザクがこの騒動の指揮に回ったため、警官に保護されようとしていたシャーリーだったがルルーシュの身を案じ、駅構内へと向かう。粉塵の舞う中、彼を探すシャーリーの前に現れたのはロロであった。

 逃げたルルーシュが辿り着いた先は、つい先刻その性能を点検したばかりのG列車であった。列車上部からゲフィオンディスターバーが発動、ジェレミアの機械部に使用されていたサクラダイトに干渉し、彼の動きを停止させる。
 嚮団の本拠地の位置、V.V.の正体を吐かせようとするルルーシュにジェレミアが動けない筈の身体を引きずって迫り、問う。

 何故ゼロを演じ、祖国ブリタニアを、実の父親を敵に回すのか。
 
 その問いに、自分がルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだからだと答えたルルーシュ。
 総ての行動がマリアンヌの為であると知ったジェレミアは崩れ落ち、涙ながらに語る。自身があの場にいた事、そして自身の主君はマリアンヌである、と。彼の目的が自分の暗殺ではなく、あくまで真実を知るためだったのだと悟ったルルーシュはジェレミアが倒れる刹那、装置を解除していた。駆け寄り、その肩を支える。
 驚く彼に、生きる理由は自分にあると告げるルルーシュ。その言葉にジェレミアは皇帝への最敬称をもって応じた。

 駅構内。とあるフロアの会堂。ルルーシュの味方になると語るシャーリーに身を硬くするロロ。なおも言葉が続き、彼女が取り戻したいルルーシュの幸せの部分にナナリーの名が出る―…


 ロロの被っていた仮面が外れた。


 池袋駅脱出のために屋上へと走るルルーシュの目に飛び込んできたのは胸を銃弾で貫かれ、仰向けの状態で、ただ血溜まりを広げていくシャーリーの姿だった。

 駆け寄り、救助を呼ぼうとするルルーシュを制しシャーリーは語る。
 記憶が歪められ、何が真実かも分からなくなった世界で、再びルルーシュの事を愛そうと思った。その世界で孤独に戦うルルーシュの本当になりたかったのだ、と。

 命が消え行くのを察し、ルルーシュは再び彼女にギアスをかける。

 だが、届かない。止まることはない。

 「何度生まれ変わっても、きっとまたルルを好きになる…これって、運命なんだよね……」

 何度抗っても、ルルーシュのギアスは生命を呼び戻さない。

 「だからいいよね、ルル……生まれ変わっても…また…ルルを好きになっても……」

 「何度も…何度も……好きになる…から………」


 握っていたその手から、力が抜けた。

 二人だけしかいない空間で、唯独りの慟哭のみが響いた。




画像





***************************
ここでEDですよ。アリプロですよ。どんだけ鳥肌させんのかと。

画像

 さておき、色んな事が起きた話でしたねぇ…。大まかに言えば二つしかありませんけど。


シャーリー=フェネット
 最期に気持ちが通じ合えたのが彼女にとってはせめてもの慰めといいますか。シャーリーは日常(学園パート)においてはルルーシュにとって唯一信頼を、身を寄せられる相手であったワケで。ただ、その気持ちが通うことは中々無く、しかもここまでの展開で歪みや沢山のズレを生んでいました。ギアスキャンセラーですべての記憶が戻った彼女の動揺は想像を超えるものであると思います。その中で、自分の想いも総て受け止めて戦いに赴いてきたルルーシュを支えたいと、そう思えたのは一重にシャーリーの愛のなせる業なのでしょうね。
 それが貫けなかったのはシャーリーがこの作品の真の表舞台に立てる者ではなかったという事に過ぎません。

 日常でルルーシュの帰りを待つ役割が与えられなかったのは、彼の宿命が故か。

 今はただ、死後の彼女の平安を祈るばかりです。


されど、このジェレミア=ゴッドバルトにはッ!
 気を取り直して。
 ギアス嚮団に所属し、ルルーシュの暗殺を目論んでいると思われたジェレミアでしたが、彼の真意は別の所にあったようです。まさか、自身に起こった不幸の裏側を知ってそのまま復讐に向かうのかと思いきや更にそれを引き起こした本人に動機を聴きに行くとは。どんだけ騎士道精神なんだよ。

 ☆想定できるジェレミアにとって理想の行動ルート
 アシュフォード学園に向かう→ルルーシュと正々堂々対峙→そこで彼の本意を聞き出す→返答次第で処遇を決める

 …書き出して思い出したけど、この人ナリタでゼロ搭乗の無頼と対峙した時も正々堂々と戦えーとか言ってなかったっけ?つー事は根本からこんな性格なんだな、本当に。そこが惚れ込む理由でもあるんですが。いいじゃん愚直な人。こんだけすっきりしてたら悪い感じしないよ。

 今回の戦闘は凄かったですね。下馬評ひっくり返しっぱなしも然る事ながら、咲世子&ロロがジェレミアに敗北するとは思わなかった。というよりロロが一方的に邪魔してたとも取れる感じ。「剥き出しの生体部分ならッ!」ら辺の台詞の応酬が熱かった。模擬戦でいいからこの二人の戦いはもう一度見たいなぁ。

 オートギアスキャンセルは素直に驚くしかない。いや、万能すぎでしょう。この人ギアスに関しては半端ない対応能力を持ってるわけで、…チートとか言っちゃいけません。とにかく、この人がいれば次回のギアス嚮団への殴りこみもバッチリ安心だと思います。期待しときます。夢が見られる内に見ておきましょう。

 ジェレミア自身の進退としてはこの後ナイトオブワンのビスマルクと戦う展開があるのかなーと思ったり。いや、このままルルーシュの騎士になるのだったらトップ対トップで戦闘が始まるのは非常に道理にかなってますし、互いの忠誠心をかけた超絶バトルとか無茶苦茶希望してるんですけど。

 あとあと、新型になったジークフリートが人型に変形するとか、他にもいっぱい希望はあるんですけど自粛します。

わんこ雑巾
 長らく語られてなかったロロですけど。まぁ詳論は次回に置いといても問題はないのかなぁとか思ってます。自然に感情ラインをたどればロロが主犯なのだろうけど、ギアスなんでどうなるかわからないし。
 でも再改造というかV.V.に取り込まれるフラグは確実に立ったかなぁとも思ったり。揺らぎやすいヤツだし。
 …語りたくないのは感情的にも解説するにも厄介だからなんですよね。


 今回はそんな感じで。あ、ALI PROJECTが歌う新ED『わが臈たし悪の華』(臈たしは“ろうたし”と読み、愛しいの意だとか)は7月30日に発売しますので絶対に買わなくちゃなのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 13 「過去 から の 刺客」
 オレンジ祭りっぽいですけど、ジェレミア卿ってあまり好きじゃないんです。それよりカレンはどうなったんでしょう。そんな感じで見ていたのですが、まさかあんなことになるとは・・・。 ...続きを見る
つれづれ
2008/07/07 18:36
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第13話 『過去からの刺客』 感想
感想 イラスト コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第13話 TURN 13 過去からの刺客 ...続きを見る
腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR...
2008/07/07 19:36
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第13話 「過去 から の 刺客」
コードギアス 反逆のルルーシュ R2   お勧め度:是非見たほうがいい   [SFロボットアニメ]   MBS・TBS系 : 04/06 17:00〜   監督 : 谷口悟朗   シリーズ構成 : 大河内一楼   キャラ原案 : CLAMP   キャラデザ : 木村貴宏   メカデザ原案 : 安田朗 ... ...続きを見る
アニメって本当に面白いですね。
2008/07/08 01:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第13話 『過去 から の 刺客』感想 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる