総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 今クールのアニメって、どうよ?

<<   作成日時 : 2010/07/20 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月!下旬!夏休みは死ねばいい!かたや自分は夏休みか何なのか分類不明な夢時空に突入中です、おはこんばんちわ。
 今回は新しく始まったアニメ作品、今ん所どうよ?みたいなのを雑記したいと思います(以下、求め願うは良作品)



 嫌悪感で奥歯が噛み合わなくなってにたぁ〜っとする感じ、俺も経験したよ新城!“みつどもえ”でな!



 ここ10年間の7〜9月期のアニメって個人的にはパッとしたものが少なくて、9月ないし1月スタートの冬アニメに期待というか好印象が振られることが多かったんですけど、今年はそうでもないです。

 放映開始した作品の一覧はこちらでパッと見てもらうとして、結構面白い作品が多いと思うんですけど皆さんどうなんでしょうか。空気というか合わない作品があるのは相変わらずですけど、まぁそれはしょうがないとしても。結構引っかかってるもの、多く無いですか?少ないですか?えーっ?(くどい


■現段階での新番組のランク付け

 あくまで個人的評価に基づいたものですのでー。評価基準は期待度とか前評判とか実際の中身とかそんなんです。「なんでこんな評価なんだよ!」って異論はどんどん欲しい。


黒執事U>世紀末オカルト学院>殿といっしょ>学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD>セキレイ〜Pure Engagement〜>伝説の勇者の伝説>生徒会役員共>ぬらりひょんの孫>屍鬼>あそびにいくヨ!>みつどもえ>アマガミSS>オオカミさんと七人の仲間たち>祝福のカンパネラ

【選外】

デジモンクロスウォーズ・戦国BASARA弐・ストライクウィッチーズ2


 大体みつどもえの辺りまでは普通に楽しく視聴出来ている。みつどもえは下ネタ次第で楽しく視聴出来ていなかったりするところがあるので、ここをラインにしたい。名付けて『みつどもえライン』!(何番煎じだか)

 下二つは素晴らしくつまらない…というか主人公への補正が効きすぎたりして冷めてしまう。オオカミさんはマッシブ強まり少女でもないしな!(オイ 

 “アマガミSS”は多分オムニバス形式のせいでイマイチ感情移入が難しいせいだと思う。恋愛系のアニメで一本道でないと没入できない自分の性分が原因。でも美也が可愛いのでバリバリ視聴するよ俺。

 “みつどもえ”は保健室での尿検査ネタが酷かった。っつーか下ネタが引くレベル。クェイサーとかは「ああ、バカなんだな」で消化できるんだけど、みつどもえの下ネタは「何でそんな事するの?」と理解出来ない恐怖にも似た感情が生じてしまう。だがしかし流石無印みなみけの監督だけあってバッチリ面白いので視聴は続けてしまうのであった。

 “あそびにいくヨ!”は思ったより面白かったし、「下らねぇ争いしてんなー」という感情が唾棄するレベルに変わらなければ良作にはなれる。

 “屍鬼”は原作漫画の再現レベルが結構高くていい。藤崎竜センセの絵柄がガリガリ動くのが見れるなんて冥利につきる。これ、うまくいったら封神演義の原作漫画まんまでの再アニメ化も(ねぇよ

 “ぬら孫”は第一話のアバンからバリバリ来るものがあったんだけど、展開が早いのか遅いのかわからないぬらりくらりとした感じで評価に迷う。ともあれ牛鬼編が一つのクライマックスだろうからそこら辺を目処にして楽しんでいきたいと思う。

 “生徒会役員共”は「これ原作漫画だともっと質素なんだろうなー」って所をハッタリ効かせる感じでスパッとしてくれてるので好きです。うん、別に下ネタのレベルはこれぐらいでいい。後はもっとちっこいのの出番を増やしてくれたら最高なんだけどな!(ちっちゃくないよ!←前クール視聴してなかったコ)

 “伝説の勇者の伝説”は、「え〜レギオスのスタッフぅ〜!?」という感情をうまい感じに崩してくれていて個人的には良いアニメです。なんていうか、第一話の状態にこれからどう繋がるのかを素晴らしく期待したいと思います。未だに登場人物の名前ロクに覚えられなくて『昼寝』とか『団子』とか『優等生』とかそんなんで把握してるのは秘密だ!

 “セキレイ〜Pure Engagement〜”は、俺が結大好きだからとしかいいようがない…。

 “HOTD”は、間違いなく完結しないという放映開始前からの個人的なネガキャンを払拭する完成度。主人公の声が適度に低い!中の人的に間違って跡部様に惚れるかもしれない感じの主人公。個人的正ヒロインの毒島さんの声が高く感じてしまうくらいだったんですけど、いいの毒島先輩のカットが多ければ(オイ)。正直第一話だけ観て残りの展開は放置してこの一話だけの短編として捉えるのも消化としてはありなので、視聴環境の整っている方は是非ニコニコアニメチャンネルで見れるのでどうぞ。コータの魅力や高木の魅力を語るともっと長くなるので省きます。

 “殿といっしょ”は1分間だけの超ショートアニメなんですけど、面白いです。うん、言う事は特に無いです(えー

 “世紀末オカルト学院”は、さんざっぱら言われていますけどやっぱりすげー面白いです。自分から言うことはないんでこれを期に光と水のダフネの再評価を行ってくれる人が増えてくれることを祈っています。

 “黒執事U”は、うん、もう話が長くなるから黙っておく。アニメ黒執事の正当な続編として、最終回までしっかりと全てを見届けたいと思います。



 選外のアニメは視聴するのが面倒臭い・作品の体質が合わない・2期アニメだからとか適当な理由で省いております。

 ともあれ全体的に毎週楽しみにしてますよ。

 HOTDとセキレイとカンパネラはニコニコアニメチャンネルのアップロードが住んでる所と同じタイミングなので、そっちで視聴。こう、手早くというか視聴しやすい環境が整ってるアニメとかは、悪く無いと思います。

 色々ありますけど、まぁ俯瞰してというかメタ的な視点で見るアニメが少なくなればいいかなーと、今は思ってます。






みつどもえ DRAMA CD 伝説のはじまり
ランティス
ドラマ

ユーザレビュー:
誰も予想出来なかった ...
アニメ放映が待ちきれ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今クールのアニメって、どうよ? 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる