総てはオレンジの為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女まどか☆マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」感想

<<   作成日時 : 2011/02/25 05:25   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 12 / コメント 1

 美樹さやかの選択の結末。(以下、キュゥべえマジパネェ)





画像

 壊れた魂の行き着く先。





あらすじ:痛覚を消し去り、魔女を打ち倒したさやか。戦いの後に降り注いだ雨を停車場で凌ぐ中、まどかはさやかの戦いを諌める。あんな自分の身体を省みない戦い方は危険だと。その優しさを本心では嬉しく感じながらも反面疎ましく感じ、さやかはまどかに本心を打ち明けず無理難題を押し付けて反発する。雨の中、さやかをまどかは追いかけようとしたが、さやかはついてくるなと言い放って走り去る。

 同じ頃、来るワルプルギスの夜に向けて対策を練っていたさやかと杏子の元にキュゥべえが現れた。訝しがる二人を他所に、キュゥべえは美樹さやかのソウルジェムの消耗が想像以上に激しいこと・その先に起こる事態を示唆する。

 さやか自身が、今や呪いを吐き出しつつあった。

 翌日さやかは学校を欠席する。そして放課後、志筑仁美は前日の宣言通り上條恭介に告白した。それを影で見ているしか無かったさやかは自暴自棄になり、無闇矢鱈と魔女の手下を斬り伏せて魔法少女としての力を更に消耗させてゆく。そんな彼女の前に、ほむらが現れグリーフシードを差し出してソウルジェムの消耗を抑えろと告げるも、さやかはその提案を跳ね除けた。

 自分は、自分の為に魔法を使った魔法少女からの施しは受けないと。

 そしてほむらの行動に何の感情も向けられてないことを指摘したさやかは彼女の手で殺されそうになるが危機一髪で駆けつけた杏子に助けられ、アテもなくその場を離れていく。

 流れ着いた電車の中で、さやかは人を使い捨てることを何とも思わない二人の会話を耳にする。感情が揺らいだ。自分は何の為に魔法少女として存在しようとしていたのかを。無意味ではないのかと。やり場の無い感情は呪いになり絶望に至り、さやかの身につけていた指輪から何かが噴き出し彼女の身を侵食した。

 一方さやかを捜し回る果てにまどかはキュゥべえに縋り魔法少女としての契約を交わそうとしていたが、一瞬の内に其処にいたキュゥべえはほむらの手によってバラバラに撃ち抜かれた。珍しく感情を顕わにして迫ってくるほむらにまどかは以前どこかで会ったような感覚を得るも、さやかを探すためにその場を去っていく。

 その場には、ほむらとバラバラになったキュゥべえの骸と新しいキュゥべえがいた。骸を喰らい、その正体を探りつつまどかのコトを諦めきれないのかと告げるキュゥべえにほむらはこう言うのであった。

 「絶対にお前の思い通りにはさせない。キュゥべえ・・・いいえ、Incubator」と。

画像

 終電後の誰もいない駅のホームで、杏子はベンチに座るさやかをようやく見かけて声を掛ける。彼女の方を見やってさやかが差し出したのは、全てを呪い尽くした果てにひび割れどす黒く濁ったソウルジェムだった。さやかは今になって悟ったのだ。

 奇跡を望む意味と、・・・その代償が何であるかを。

 流した涙がソウルジェムを濡らした瞬間、さやかから解き放たれた力の爆発が杏子と吹き飛ばす。巻き起こる風の中で、ソウルジェムがその形を変えようとしていた。

 美樹さやかが放つ光の奔流を遠くから眺めて、キュゥべえはそっと呟く。

 「この国では、成長途中の女性のコトを『少女』って呼ぶんだろ・・・?」

 「だったら、やがて魔女になる君たちのことは魔法少女と呼ぶべきだよね」





画像




■さやかの二律背反の結末

画像


 心の痛みに耐えられなくて、魔法少女としての戦闘で肉体の痛みを消すさやか。自分の為に魔法を使わないと言い放った魔法少女は自分の心を癒す為に魔法を使い始めた。

 それでも、淀んだ感情は抑えきれなくてまどかにも心の底では思っていない言葉の暴力を振るう。そしてそんな自分に絶望して嫌気が刺して日常には帰れなくなる。

 上條と仁美が仲良くする…告白からの未来に耐え切れなくなって自暴自棄になり心がボロボロになっていくさやかの精神の中で、唯一心の拠り所にしていたのが「魔法少女としての力を他人の為に使って見滝原の平和を守る」コトだった。それがほむらから離れて辿り着いた電車内で聴いた不良二人の会話で愚図愚図になるワケで。

 あの二人はどうなったんですかね。あの暗転の中で美樹さやかは魔法少女として魔女のように振舞ったのか。

 自分の感情の赴くままに魔法を使ったのは確かでしょうが。

 そもそも、あのくだりに至る前に明言して守っていた彼女の大義・「自分の為に魔法を使ったりしない」というのは、言い換えると「自分が魔法を行使することで他人の損害になるようなコトはしない」というコトであって自分の中で処理される行為は問題にはならないという考えです。ここら辺さやかの甘さというか精神的な弱さというか逃げ道であって、あの時点で既にキュゥべえの示唆する通り呪いを吐き出していたんですよね。


 全てを呪い尽くして魔女になったさやかの行き着く先は何処なのか。彼女を救えるのか。

 まどかは、否が応にもこの問題に向きあうことになるでしょう。


■手を差し伸べる同胞たち

画像


 物語の始まり、それ以前からさやかの傍にいて彼女の力になろうと奮闘してきた鹿目まどか。

 しかし彼女は自身の持つ素質をさやかに妬まれ手痛い言葉をぶつけられて喧嘩別れされてしまいますが、それでも諦めきれなくてさやかを探し回ります。

 彼女にとってさやかは魔法少女の一件の前からのかけがえの無い親友であり、何があっても助けたい人物です。マミさんとは違い心に嘘をついてでも断ち切れるものではない。

 今回も、全ては雨の中歩き出したさやかを追えなかった事を後悔しての行動でした。

 さやかを助けたいという想いは魔法少女になり人間を止めるというリスクも、魔女に敗北して死ぬかもしれない(自分が今までの生活を続けられなくなる)恐怖にも打ち克っています。

 その支えになっているのは、自分が何の助けにもなっていないという引け目と自分に秘められているという素質があってこそなんでしょう。

 しかし、暁美ほむらが必死に危惧するのが不穏です。まどかがもしも限界を迎えて絶望したら、どれだけの規模の魔女になるのでしょうか。


画像


 鹿目まどかを魔法少女にさせないのを行動原理として活動する暁美ほむら。

 総ての行動は鹿目まどかの為にある彼女ですが、一体そこまで義理立てする理由がどこにあるのか。まどかが言っていた「以前どこかで会ったような」という台詞にはどんな意味があるのか。夢の中ではない?

 そしてキュゥべえがほむらは同じ時間軸では生きていないと告げました。ワルプルギスの夜が発生するのを統計で予測したり、魔法少女に関する知識を必要以上に知り得ていたり、時間操作の魔術を持ち得ていたりと確かにほむらは普通の魔法少女ではありません。

 可能性として彼女が未来人であるというコトも考えられるのではないでしょうか。

画像

 それにしても、涙ボロボロ流すほむらは可愛かったですね。


画像


 同じ境遇に陥った魔法少女として、美樹さやかに手を差し伸べようとする佐倉杏子。

 何ていうか、さやかを捨てきれない杏子が一番魔法少女としては人間的だったり甘いんですよね。他人の為に願いを使った仲間のよしみみたいなモノで、杏子はさやかに手を差し伸べるワケです。

 元々は排除する敵とみなしていたのをそうやって扱うのは、ソウルジェムに関しての真実を知って同じ不幸に陥ったからなんですよね。前回明かされた彼女の過去でもそうでしたが、佐倉杏子は不幸に陥った同胞や愛する人に対して手を差し延べることに基本的に躊躇しない。

 それは命を大切にするという気持ちあってのコトでもありますし、何より多くの人々を救おうとした過去の理想を捨てきれないからかもしれません。

 ラストシーンでのさやかと杏子の会話はお互いある程度のことは理解し合えた魔法少女同士の会話として感じ入るものでありましたし、最後の杏子の叫びは心に響くものであったと思います。

 次回予告で凄まじくフラグを立ててしまった彼女ですが、何とか生き残って欲しいです。


■暗躍するキュゥべえ

画像


 Incubatorとは日本語で孵卵器という。

 やがて魔女となる魔法少女を育成する、ソウルジェムを汚しきった果てにグリーフシードへと変化させる役割を持つ生物。

 ソレがキュゥべえ。

 ほむらが阻止しようとする、キュゥべえの究極の目的がなんなのか我々にはまだ明らかにされてません。

 しかしキュゥべえが果たそうとしているコトはとても恐ろしいように感じられます。

 ワルプルギスの夜が近づく中で、まどか達は如何様に翻弄されてしまうのでしょうか。


★次回予告★

画像

 「馬鹿と思うかもしれないけど、私はね…本当に助けられないのかどうかそれを確かめるまで諦めたくない」

 「そんなの、あたしが許さない」



 今回のエンドカードは藤真拓哉さん。ネギまの番外編を描いてた方ですね。協力の田中研太郎さんがどういう人であるかは分からないのですが、藤真さんがシャフトでエンドカードを描くときはいつもクレジットされてます。


 仁美は生き残りました。今は、それだけを噛み締めたいと思います。

 さやかに巻き起こった大きな負の感情・そしてそれが引き起こした事態は、ゆっくりと解きほぐしていきたいです。

 また個別記事か何かでまとめたいですね。

 まどかの行先も、杏子の叫びも、ほむらの誓いも、総て幸せな方向に収束して欲しいのは事実です。


 見届けるしか無いのですが。






 次週もがんばりまーす。





魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
芳文社
原作:Magica Quartet

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
魔法少女まどか☆マギカ 第8話 あたしって、ほんとバカ
第8話のあらすじ ...続きを見る
crystal cage
2011/02/25 07:10
魔法少女まどか★マギカ:8話感想
魔法少女まどか★マギカの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2011/02/25 10:58
第8話 『あたしって、ほんとバカ』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 救いをください。 もう、どこにも希望が見えないんですけど…。8話観たら、気軽に魔法少女≠ネんて言葉は使えなくなりました。今週はちょっと時間がないから、感想はもっと簡単にしたかったのになぁ(苦笑)うん、無理ですね。出来るわけがない。 私はどうなってもいいから、誰かこのジェットコースターを止めて! では、以下レビューです ↓ ...続きを見る
冴えないティータイム
2011/02/25 16:35
魔法少女まどか★マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」感想
まどか★マギカ第8話感想です。 ...続きを見る
power of dreams
2011/02/26 11:42
[アニメ]魔法少女まどか★マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」
人を惹きつける魅力に溢れた作品だなぁ。思わず笑ってしまうくらいに精神の崩壊と瓦解が気持ち悪いぐらいに気持ちいい。 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2011/02/26 15:45
魔法少女まどか★マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」 感想 【インキュベーターとゼロサム】
(incubator). 人工的に孵卵させるための装置である。 日本で急上昇するであろう検索語。 そして魔法少女まどか★マギカの核心となる言葉。 ...続きを見る
R.F.L.D./S.E.
2011/02/26 16:00
(インキュベーターQB)魔法少女まどかマギカ 8話「あたしって、ほんとバカ」(感想)
QB、この作品の中で私はあなたが 一番大好きです!! この作品が面白いのはあなたがいるからです。 ...続きを見る
失われた何か
2011/02/26 16:02
【魔法少女まどか☆マギカ 第八話 あたしって、ほんとバカ】
・・・・次から次へと迫り来る衝撃と恐怖にただ怯えて見ているだけでした(えー ...続きを見る
ようちゃん!!
2011/02/26 17:44
『魔法少女まどか★マギカ 第8話 「あたしって、ほんとバカ」』
        『あたしって…ほんとバカ... ...続きを見る
ひろしのアニオタ日記
2011/02/26 19:33
魔法少女まどか★マギカ 第08話 「あたしって、ほんとバカ」
どう考えても全てが悪い方向へ転がっている「魔法少女まどか★マギカ」の第8話。 MBS公式、コミカライズ関連企画のまんがタイムきららフォワードサイト。 ...続きを見る
ゆる本 blog
2011/02/26 20:31
(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第8話 「あたしって、ほんとバカ」
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2011/03/03 18:54
魔法少女まどか☆マギカ〜第8話「あたしって...
 普通な生活をおくる中学2年生、鹿目まどかと、その友人さやか 魔女を倒すために魔法少女になったさやかと、それを見守るまどかの第8話場面1 まどか、さやか@戦いの後 さや... ...続きを見る
ピンポイントplus
2011/03/04 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事にも書かれていましたように“日常”と“異常”とが逆転してしまったかのように感じました・・・
さやかも日常のなかで幸せを感じていた一人の悩み多き普通の女の子です。
“もし魔法少女ではなかったら・・・”と思う事が多々ありました。
上条君と仁美の事だって普通に大人になっていたら一つの良い思い出になります・・・苦い思い出に違いありませんが・・・。
そのような悩みや感情さえも魔法少女になったら恐ろしい力となってやがて魔女に・・・。

やはりここでマミさんの言葉が思い出されました。

“何故自分は魔法少女として命を懸けるのか”

そこをはっきりさせなければ生き残る事もできない。
そう思いました。

最後のさやかのシーン。

「あたしって・・・ほんとバカ・・・」

・・・少し泣きそうになりましたね。

既に魔女となったさやかを助ける事は出来るのでしょうか。


PS:あと仁美生きててくれてありがとう。
さやかが物陰から覗かれていた時はもう駄目かと思ったぞ(笑)
shibon
2011/02/25 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法少女まどか☆マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」感想 総てはオレンジの為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる